忍者ブログ
01 2017/02 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 03

昭和の思い出をメインに書いていきます。 なお、自分が実際に体験した時代を中心としますので、オンタイムの正式時期などは考えずに年代をカテゴライズしてあります。

02.24.07:55

[PR]
  • [CATEGORY:

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

03.09.09:59

★子供の頃、真剣にビビった映画CM


こどもの頃、この映画のCMに真剣にビビっていた。

HOUSE ハウス[東宝DVD名作セレクション]

新品価格
¥2,430から
(2015/3/4 22:28時点)

PR

12.29.18:25

★赤がイイよね

12.29.18:14

★シャア専用

07.09.08:28

★スターボー

昨日、「今でもスゴい女性芸能人第2の人生すべて見せますSP」で懐かしい人が。

グループの記憶にはあるけれど、誰がメンバーだったのかということはほとんどわからない。

IMATO(本名・今里直子さん)の顔をみて、うすぼんやり思い出した。

 
現在は故郷、長崎県諫早市の「deux Gyan(ドゥ ギャン)」のオーナーだそうだ。


 そういえば昔、セイントフォーというグループがいたが、なんとなく同じような現れ方で、なおかつ、同じような消え方だったような気がする。たぶん・・・企画倒れ、というものだったのかもしれない。


スターボーのCMって、記憶が確かであれば、東京12チャンネル(現テレビ東京)の夕方に流れていたと思う。

なんか無機質な荒野みたいなのところで、彼女たちの曲が流れ、銀色の服を着た三人各々のアップになって、最後に男性の声で「スターボー」っていうセリフが一言だけ入ったと思う。

06.29.21:53

★八つ墓村(1977年)



聞いてすぐに1977年の八つ墓村のテーマだと気づいた。

芥川也寸志氏の名曲にちがいない。

この映画「八つ墓村」の冒頭と最後に流れるのだが、ものすごい迫力があるシーンにまったく負けていない曲で、僕のお気に入りでもある。

子どもの頃、この映画は自分にとって、もっとも恐ろしい映画だった。

でも、大人になってこの映画が名作なんだと気づいた。

映画の最初に落ち武者が追っ手を逃れるために急こう配を登っていくのだが、あのシーンは現在の映画では絶対に無理だと思う。

CGなしの大迫力に襲われるのだから。